このうわさはウソ?ホント?オロナインでシミは消えるのか!?

今は様々な美容法の情報をネットで調べられますよね。
昔からある洗顔料や保湿剤が、やっぱり使える!と再認識されるのも
ネットでのうわさや口コミがあるからこそだと思います。

 

今、うわさになっている美容法の1つ「オロナインでシミが消える」
オロナインでシミが消えるうわさは本当でしょうか。

 

オロナインといえば、昔から家庭に1つはある傷薬というイメージですよね。
実際、オロナインは殺菌作用のあるクロルヘキシジングルコン酸塩を配合してあります。
殺菌や消毒薬として広く用いられる成分です。
傷口に菌が触れないように殺菌作用のある軟膏で保護することで、傷を治りやすくします。

 

また、ニキビにとても効果があると人気ですよね。
こちらも、殺菌作用のあるクロルヘキシジングルコン酸塩が、アクネ菌を殺菌、静菌してくれるからなんです。

 

オロナインの全成分はこちら

 

◎ 有効成分(1g中)
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg

 

◎ 添加物ラウロマクロゴール /ポリソルベート80 /硫酸Al/K / マクロゴール /グリセリン /オリブ油 /ステアリルアルコール /サラシミツロウ /ワセリン /自己乳化型ステアリン酸グリセリル / 香料 / 精製水

 

このように、成分を見ただけでも、シミに効果のあるとされる成分は入っていません。
美白ケアをするうえで必要な保湿成分、ワセリンやオリブ油(オリーブオイル)は入っていますが
それだけでシミが消えるとは言えないでしょう。

 

やはりオロナインは家庭に1つあると安心の傷薬ですね。
ひび、あかぎれ、しもやけ、きりきず・すりきず、にきび、かるいやけど、水虫
記載されている症状の時のみ、正しい用法でお使いください。

 

>>【米肌の澄肌美白シリーズ】ドラッグストアで目撃情報アリ!?